美容皮ふ科でレーザーをあてる

油断したらほっぺたにシミが出来ました。
小さいけど、お化粧をしても隠れないしみ。
鏡を見るたびに気になるので、近所の皮膚科に行きました。
その皮膚科は、女医さんがやっているので、肌のことを相談しやすいからです。
そこで、シミの他には特に肌で気になるトラブルが無いことを話すと、女医さんが言いました。
シミを取るのはレーザー治療がいいんだけど、この病院ではその設備は無いのです。
それで、大学病院も今は美容の皮膚科をやっているから、そちらに紹介状を書いてあげましょうと。
翌週早速大学病院へ行きました。
レーザーをあてて取れるシミと、そうじゃないのがあるという話です。
私のシミはレーザー向きだったみたいです。
別室に行き、ベッドに寝て、目に光が入らないようにアイマスクをしました。
一瞬、ほっぺたが熱かった。
あっという間に治療が終わりました。
その後、レーザーのせいで皮ふが乾燥するからと、ローションを処方してもらって帰りました。
1週間後、ぽろっとシミが取れて、嬉しかったです。

食べたものを記録するダイエット

凝り性なのか食べたものを1年くらい記録したことがありました。
朝昼晩とノートに書いていました。
それと、朝の体重を記録しました。
朝起きて、何も食べない状態の体重を量って記録したのです。
そうしたら、あることに気が付きました。
それは・・・大好きなラーメンです。
ラーメンを1日のうちどこかで1回食べると、翌日の朝の体重が1キロ増えます。
これは記録をつけていて、気が付いた本当のことでした。
その1キロがすっかりもとに戻るのに2日かかりました。
なんでだろうと思いましたが、自分なりに思い当たることとしては以下です。
ラーメンのカロリーは外食としてはやや高め程度だと思います。
ただ、完全に単品メニューという点。
そして、塩分が高い食品だという点。
穀類としてはパンも塩分が高いのですが、私の場合パン単品で昼食終わりなどという食生活ではありません。
塩分の高い単品メニューのラーメンだけで食事を終わりにした時に、1キロ増えます。
たぶん、塩分を体内で調節するために水分を保持していて、むくんでる状態が続くから、体重が1時的に増えてしまうのだと思っています。

熟年肌でもよいスキンケア

40歳や50歳という年齢になれば子育てもよい時期、中高年や更年期年齢はきちんとスキンケアするのにベストな時ですね。
20歳すぎて巣立ちというプロセスにもなれば日常の洗濯や掃除、買い物なども縮小傾向になります。
縮小や小幅になると20代の頃のような趣味的なひと時とか、一日の内でもフリータイムが増えるということで、入浴後もゆったりできます。
お肌の状態もアンチエイジング年齢にあるので、この年代は自分のことに使えるよい時期、一日忙しかった時期を埋めるようにしてスキンケアタイム。
子育て中のスキンケアは最低限の身だしなみ、さっと済ませての家仕事、家庭にあり子供を持てば誰もその様であるのでしょうけれど。
これまでの考え方からすれば、中高年や更年期年齢になり肌回復ができるかと疑問でしたが、化粧水や美容液などでスキンケアしただけよいのだと思えます。
筋肉のゆるみから皮膚が下がり傾向と感じれば、60歳以降でもフェイスエクササイズは有効だと言いますから、年齢上がってもスキンケアは心地いいひと時。

気分は海外セレブ?ハダカ睡眠の美容効果

*寝るだけで美しくなる?
外国では裸で寝るのは一般的ですが、日本で裸で寝ている人は少数派ですよね。何にも身につけずに布団に入る・・というのに抵抗がある人も多いと思います。けれど、「ハダカ睡眠」には驚くべき美容効果があるんです。
*ハダカ睡眠の美容効果とは?
①質の良い睡眠を得やすい体温になる
良質な睡眠に最適な室温は21℃以下と言われます。体温調節がうまくいかないと不眠症の一因となることも。裸で寝ることでこの体温調節がしやすくなります。毛布や掛布団などの寝具で温度調節しながら、体温をキープしましょう。質の良い睡眠をとることで、肌や身体も健康的でいられます。
②代謝が上がり痩せやすくなる
裸で寝ると、身体が体内で熱を作り出そうとするため新陳代謝が良くなり、血行も促進されて美肌とダイエットに効果的です。冷え性によるむくみや肌のくすみなども改善できます。
③食べ過ぎを抑え、脂肪も減らす
ストレスがあるとコルチゾールというホルモンが分泌されます。このホルモン分泌されると、食欲を抑える役割のあるセロトニンというホルモンが減少し食欲が増加してしまいます。裸で寝ることでこのコルチゾールの量を安定的に保つことができます。
さらに適度に低めの体温で寝ると褐色脂肪組織が増えます。これは脂肪を減らす働きがあるので、ダイエットに効果的です。
④デリケートゾーンの悩みにも
女性の約75%が一生に一度は感染すると言われる膣カンジダ症。裸で寝ることで免疫力が高まりさらに通気性もアップするので、この膣カンジダ症に感染しにくくなると言われています。カンジダは一度かかると治りにくいので、この予防効果は嬉しいですね。
*生まれたままの姿で寝よう
裸で寝ることで身体が本来持つ力を引き出して内側から美しくなることができます。慣れるまでは抵抗があるかもしれませんが、裸で寝るのは開放感があって思った以上に気持ちいいものです。美容効果も抜群のハダカ睡眠、ぜひ一度試してみてください!

マスカラとドライヤーでパッチリな目

いつもお化粧をする時やっている技があります。
それは、アイメイクでちょっとした工夫です。
前はビューラーを多用していたのです。
ビューラーをライターでちょっとあぶって暖かくしてから使っていました。
すごくカールがついたので。
しかし・・・これはあまり良くなかったです。
まつ毛が抜けちゃうみたいで、危険でした。よくありません。
それで、ビューラーをやめました。
その代わりにはじめたのがドライヤーです。
まず最初にマスカラを塗っちゃいます。
次にドライヤーでまつ毛に温風をあてるのでした。
その時、指でまつ毛を下から支えてあげるのです。
ビューラーみたいに、指を曲げてまつ毛に当て、ドライヤーの風は下側から当てます。
これで結構まつ毛がくるっとブローされてうまくいきます。
マスカラもよく乾くみたいで、何もせず乾かした時に比べて、落ちにくいみたいです。
お化粧する時は、大体朝、髪もドライヤーでブローするから、一度に髪とまつ毛を両方ブローしているのです。

マイクロスコープがお手頃になってきた

職場が美容関係なので、美容機器があります。
日々進化する美容機器、マイクロスコープ。
頭皮や肌にマイクのような先が光る棒を当てると、テレビモニターに大きく肌が写る機械です。
よく、肌の診断などに使われるものです。
今やこのマイクロスコープがどんどん進化しています。
一番最新のマイクロスコープは、完全ハンディ型になりました。
コードが無いので扱いが楽です。
今はこんな簡単で軽い機械で、最大150倍の肌を見ることが出来るんですよね。
しかも値段は5万円くらいでした。
画像をスマホにも移ます。
SNSで自分の肌の画像を上げる人が現われるかもしれませんね。
それで、肌を拡大して見ると、とても面白いです。
よく肌のきめが細かいとか、言葉で言うけれど、その肌の表面が大きくテレビモニターに映るのです。
肌には溝があるのですが、若い印象の肌は溝に囲まれたネットみたいな状態が確認できます。
ネットがふっくらしている感じ。
メイクをしているところを映すとメイクの粒子が大きな粒で肌に乗っています。
これを見てから、クレンジングや洗顔を丁寧に行うようになりました。
洗い残したら、あの粒がふっくら肌に残って良くないと実感したからです。

ボディケアもアンチエイジング

中高年世代になるとスキンケアの気分が上がります。
どうしてと言うことを説明するなら、女性の生涯に節目というホルモンバランスの変化があるので、肌質感を考える時期だから。
動物以外の物質を見ても判るように、生身の人間の身体も数十年を経過する内には、皮膚の脂分泌や水分をキープする肌力が低下しますね。
顔を洗ってつっぱる位なら、フォームなどスキンケアの洗浄力という要素も考えられる、20代の肌でもこの状態は経験するという肌感覚。
これと中高年の肌質を比べると、見た目の肌が元気とか全体的にはずむような張りが、30代~50代のプロセスで緩むようです。
筋肉で考えるなら脚や腕も中高年世代で緩むパーツ、太るという特徴も筋肉の緩みが要因、老化をゆるやかにと描くならばフェイスエクササイズも身体全体の運動も欠かせませんね。
若い頃は特別なスキンケアやボディケアをしなくてもキープできていたのが、中高年となれば顔もボディも手入れが必要。
スキンケアタイムの連日ではあるけれど、50代後半の時期がアンチエイジングのターニングポイントとしてライフスタイルにちゃんと習慣づけ。
お風呂上りのボディローションも数分というもの、続けられるコツは女性らしく在りたいという精神面が基本です。

フェイスパックの効果アップ!正しい使い方プラスアルファ教えます

*意外と知らない?フェイスパックの正しいやり方
「フェイスパックをすれば肌が潤って綺麗になるから」と、フェイスパックをして肌ケアに満足している方は多いのではないでしょうか。けれど、ただパックをするだけでは実はあまり意味がないんです。フェイスパックの正しい方法とプラスアルファのテクニックを覚えて、本当に綺麗な肌を手に入れましょう!
*フェイスパック・基本のやり方
①パックの前に洗顔
フェイスパックを行う前にしっかりと洗顔をしましょう。肌に汚れが残っているとパックの成分が浸透しづらくなります。お風呂上りなら洗顔も終わっているし、汗で老廃物が流れて毛穴も開いているのでおススメです。
②洗顔、化粧水の後にパックを
フェイスパックは化粧水ではなく美容液の役割を持っています。このため、洗顔直後にいきなりフェイスパックを使うのはNGです。本来のパックの効果を得られなくなってしまうので、つける前に必ず化粧水で肌を整えましょう。
③パック後の乳液を忘れずに
フェイスパック使用後の肌はしっとりとしているので一見保湿されているようですが、このままにしておくと肌の水分は蒸発しパック前より乾燥してしまいます。フェイスパック後は忘れずに乳液やクリームをつけて肌に蓋をしましょう。
*プラスアルファのテクニック
ここからは、基本のやり方にプラスアルファすると効果アップが期待できる方法をご紹介します。
①美容液を塗った後にフェイスパックを
先に美容液を塗ると、この後フェイスパックで上から蓋をする状態になるので浸透力がアップします。ただし、フェイスパック自体も美容液などで、先に塗るのはシミなど特に気になる部分だけで十分ですよ。
②フェイスパックの上からシリコンマスクを
フェイスパックを乗せていると肌の水分がパックに取られてしまうので、パックのやり過ぎは禁物です。使用方法にある「10~15分」でも少し長いですが、パックの上にラップやシリコンマスクを重ねることで水分の蒸発を防ぐことができます。
③フェイスパックの上に乳液
同じく肌の水分蒸発を防ぐため、上から乳液を塗るのもおススメ。ただし、上から塗っているだけなので、パック後の乳液やクリームも忘れずにつけてください。
④フェイスパックの上に蒸しタオル
フェイスパックにラップを重ね、更にその上から蒸しタオルを乗せることでスチーム状態にすることができます。こうすると肌が柔らかくなり、パックの成分の吸収率がアップします。ただし、熱くしすぎると火傷や肌に負担がかかるので注意してください。
⑤穴の部分にクリーム
フェイスパックは目元と口元が空いていますよね。この部分が実は一番乾燥しやすいので、パックのときはクリームで保湿するようにしましょう。
*間近で見られても平気な美肌へ!
フェイスパックは正しく使えば効果抜群の美容アイテムです。正しい方法にプラスアルファのテクを取り入れて、接近戦でもOKなうるつや美肌を手に入れてくださいね!

すっきりタイプの方が、マイルドな使用感

「サボリーノ 目覚まシート 爽やか果実のすっきりタイプ」を使ってみました。
これは、肌に貼るだけで洗顔とスキンケアと化粧下地が一度にできるシートパックです。私は「サボリーノ 目覚まシート」の「しっとりタイプ」を使ったことがありますが、意外なことに、「すっきりタイプ」の方がマイルドな使用感でした。
私の肌は乾燥しやすいので、化粧品を選ぶときに、「しっとりタイプ」と「さっぱり(すっきり)タイプ」があれば、迷わず「しっとりタイプ」の方を選びます。また「しっとりタイプ」の方が、肌への当たりが柔らかく、使用感もマイルドなことが多いです。
でも「サボリーノ 目覚まシート」は違いました。「しっとりタイプ」はシートを肌に乗せてみると刺激を感じた一方、「すっきりタイプ」は刺激がなく、肌への当たりがマイルドな感じがします。個人的には、「すっきりタイプ」の方が気に入りました。
朝の洗顔が面倒だと感じてしまう私にとって、「サボリーノ 目覚まシート」はとても便利です。この商品のおかげで、朝のスキンケアが苦痛ではなくなりました。使った後も、肌がべたついたり、乾燥したり、といったことはありません。
ただ店によっては、「しっとりタイプ」はあっても「すっきりタイプ」を扱っていないので、「すっきりタイプ」を扱う店がもっと増えるといいな、と思います。

ダイエットと小食

ダイエットをするのであれば、ある程度の食事制限をしなければ、ダイエットの成功はあり得ません。では、小食にするためのコツについて教えましょう。

ダイエットするのであれば、毎日の食事の食べる量を少しでも減らす必要がありますね。どうしても、食べ過ぎてしまう時がありますから。では、どうすれば、少しでも食べる量を減らすことが出来るのでしょうか?1つの方法としてあげられる事は、ガムやあめを食べてみるという事です。どうしても、口がさびしくなったと金、何かを食べようという衝動に駆られてしまいます。1度、そういった衝動に駆られてしまうと、その衝動を止めることはできません。なぜかというと、人間の脳が強制的に信号を出し続けているからです。

それを止める方法は、脳からの信号を遮断するか、何かで補う必要があります。口に何かを含ませることによって、脳に誤解を招かせることができ、空腹感を満たすという事が出来ます。2つ目には、ご飯を食べる時は、まずは大きなお皿1枚分の野菜から食べるという事です。これで、3割ぐらいお腹を見たせれば十分です。野菜は、栄養素の宝庫ですから、ダイエットには最適です。また、最初に食べることによって、後から食べる物をより消化させやすくしています。最後の方法は、器を全て小さいサイズに変更することです。それに盛り付ける事が出来る量だけ料理するという事です。