二度経験することになる激務を感じるとき

看護師の仕事が激務と感じることが多いのは確かであり、それが看護業界で働こうかと悩む人にとって大きな障害となりがちである。実際には厳しい現実があったとしても慣れの影響が大きく、働いていると自然に慣れてしまってそれほど気にかからなくなるだろう。

大半の人は同じ職場で働いていると仕事が板についてきてそれほど激務だという意識を持たなくなる人も多い。しかし、看護師として働くことを選んだら、激務だと感じるタイミングが二度は訪れることは覚悟しておいた方が良いだろう。就職して新人として働き始めたときにはまず大半の人が感じることである。一年か二年もすると慣れてしまって問題なくなるが、それからさらに数年して教育を担うようになるとまた厳しさを感じるようになる場合が多い。

ようやく自分一人で仕事ができるようになったタイミングで、後輩につきっきりで指導をしなければならないのは重荷になりやすいからである。しかし、これも一年間指導を続けてみると慣れてしまうことが多く、むしろ可愛い後輩ができてやりがいが生まれたという言葉を漏らす人もいるのが事実である。

最初は大変と感じる仕事が多いのは確かだが、前向きに取り組んでいればだんだんと慣れていけるものも多い。看護師になると仕事が厳しいというのは現実ではあるものの、働き続けていればそれを気にかけることは減ってくる。新しいことを始める二度のタイミングだけは頑張ろうという意識も大切だ。