激務から逃れるための管理職認定の取得

看護師として臨床現場で働くのに憧れを持つ人は多いものの、臨床での仕事は自分に合わないと気づく場合も稀ではない。激務に感じてしまっている理由が自分に合わない仕事をしているからだと分かると、他に働き方はないかと考えるようになる。

自分の適性を再考してみるとマネジメントに興味がある人もいるだろう。自分が忙しく働いているのは他のスタッフのことまで気にかけて全体がうまく機能するように働きかけているからだというのに気づくことがある。そのような看護師が激務から逃れるために認定を受けようと決意して成功する事例もないわけではない。

狭き門ではあるものの、認定看護管理者制度を利用して管理職として働ける能力があるという認定を受ける道が開かれているのである。必死に勉強して認定を受け、キャリアアップに成功して管理職に就ける看護師はごく僅かではあるが、成功の暁にはマネジメントで力を発揮して成功している。マネジメント能力は一朝一夕にしてつけられるものではなく、普段から意識せずに行えていた人にとっては簡単なことであっても、努力して能力を身につけた人には激務になりやすい。

もともと臨床での仕事があまり合わず、マネジメントが自分に合っていると感じた人の場合にはこのキャリアアップによって負担なく働けるようになるのである。実際に管理職につくためにはただ昇進できるということは稀であり、転職によってポジションを獲得していることも多いのだ。