看護師の仕事が激務と言われる理由は?

医師や介護職、システムエンジニアなど激務と呼ばれる職業は数多くあり、看護師・看護職もその一つに数えられる。看護師が激務と言われる理由は幾つか存在するが、最も大きいのは慢性的な人手不足だ。人手が不足しているためナース一人で多くの患者を見なければならず、患者のケア以外に雑務もこなす必要があるため激務になりやすいのだ。

ただ看護職の平均年収は500万円前後と労働者全体の平均年収を50万円以上も上回っているので収入の低さが原因で人手不足が起きているとは考えにくい。実際、厚生労働省の調査では2004年から2013年までの10年間で看護職員の数は約30万にも増えている。それでも人手不足が解決されていないのは看護職員の増加を上回るペースで、看護職に対する需要が増えているからだ。

高齢化が進む日本ではハイペースで看護職に対する需要も増加、高齢の患者は若い患者より注意深くケアする必要があるため業務効率も低下しやすい。高齢患者の割合が増加した場合、本来なら人員を増やして対応すべきところだがそれが出来ない病院も多いため、忙しさに拍車をかけている。

また看護職の多くは女性なので出産・育児や結婚をきっかけに離職することが多く、離職した看護職の一割が復帰するだけで人手不足の問題は解決するとまで言われている。離職した看護職はフルタイムでの勤務より時短勤務の正職員や夜勤専従などを求める傾向にあるので、病院側には多様な働き方を提供することが求められているのである。